不老長寿。八十八夜の新茶

八十八夜は、雑節の一つで、立春から数えて八十八日目の日をいいます。

5月2日頃にあたります。

八十八夜といえば、

ご存知の「夏も近づく八十八夜・・・・」の歌から茶摘みが連想されるように、

茶摘みもこの頃に最盛期を迎えます。

古くから八十八夜に摘み取られたお茶は、やわらかくて品質がよく、

縁起物の新茶として珍重されてきました。

八十八は、末広がりの八の字がかさなることから、

この日に摘み取ったお茶を飲むと、長生きができるという言い伝えがあります。

秋から冬に蓄えられた香りと成分がたっぷり含まれています。

今でも、八十八夜に摘んだお茶を新茶を神仏に供えたり、贈りものにする習わしが続いています。

お茶の産地として静岡県が有名ですが、

日本のお茶の産地は、沖縄から秋田までと幅広く、土地土地での気候風土によって味も異なります。

また、近頃は好みに合わせていろいろなバリエーションでの、お茶を楽しみ方があります。

あなたならではの、八十八夜の新茶の楽しみを、見つけていただければと思います。

煎茶

おいしい煎茶の入れ方

  1. お茶に使うには、どのお茶の場合も必ず一度沸騰したお湯を使います。
  2. お湯を人数分の茶碗に注ぎ、少しさまします。
  3. 急須に一人あたり茶さじ一杯分の茶葉をいれます。(茶葉の量は1人につき2~3gを目安に)
  4. 茶碗のお湯が70~80℃になったら、急須にお湯を注ぎます。(茶碗に触れる程度の熱さ)
  5. 1分ぐらい蒸らしてから、茶碗に注ぎます。(濃さが均一になるように、少しずつ等分に注ぐ)

美味しくいただくポイント

せっかく良質なお茶があっても、お茶の入れ方によって、味も香りも左右されます。

お茶のうまみは、アミノ酸によるもので、高温で入れるとタンニン(苦味)が出過ぎるため、味のバランスが悪くなります。

そこで、ポイントになるのは、お茶の温度です。

香りと甘み、うまみを楽しむためには、ぬるめのお湯を少ない量でゆっくりと入れます。

使用するお水について

  • 水道水の場合は、沸騰してから2~3分沸かし続けるとカルキ臭が消えます。
  • 市販のミネラルウォーターは、軟水(硬度が低い)を使用してください。

お茶の保存方法

保存方法

  • 気密性の高い容器に入れる。
  • 涼しい場所に置く。(火や暖房から離す)
  • 毎日飲むお茶は、冷蔵庫に入れない。(冷蔵庫から出し入れする度に変質するからです。冷えたお茶が外気に触れると、急速に湿気を含んでしまいます。)

長期保存

  • 缶に入れ、密封するなど、他のものの匂いが移らないようにしてから冷蔵庫に入れます。(冷凍庫にはいれない)

使う場合は、一日くらい前に冷蔵庫から出し、常温になってから開封する。

お茶は保存がよくないと湿気・臭気などを吸収しやすく、また高温・光線によっても変質しやすいものです。