JAPANサンクスギビングデーに、あなたの世界が変わる!

毎月22日の『JAPANサンクスギビングデー』は、大切な人へ、ありがとうを贈る感謝の日の行事と定義しています。

今の時代だからこそ、ありがとうという感謝の言葉が大きな意味を持ちます。

そこで、素敵でハッピーになれる、毎月22日のJAPANサンクスギビングデーを展開しております。

ありがとうを贈る感謝の日に、心から「ありがとう」と言う時、あなたの運が好転し、願いを叶える力となり、幸せへの一番の近道を歩んでいきます。

ありがとうを贈ることは、心とからだに良いことがあり、社会的にも、様々な目に見える恩恵を受けることになります。

「ありがとう」は、すべての人の心をつなぐ魔法の言葉です。

世界中の人が、「ありがとう」という言葉でつながることができれば、どんなに素晴らしいことでしょう。

毎月の行事としたのは

1年を通して笑顔で元気に過ごすために、月に一度、家族や友人との関係を高め合い、気持ちを切り替え、リフレッシュすることが大切だからです。

毎月22日が、健やかで楽しく、暮しをリセットするリズムになって欲しいとの願いを込めました。

この新しい習慣を、ライフスタイルに取り入れることは、日常生活のバランスがとれたものになり、それに伴って心身のバランスもよくなり、素敵でハッピーなライフスタイルを実現することになります。

毎月の行事「JAPANサンクスギビングデー」

JAPANサンクスギビングデーを楽しもう!

JAPANサンクスギビングデーは、大切な人へありがとうを贈る感謝の日として、毎月22日に行われる交流行事です。

毎月22日には、

今月も、家族全員が元気に過ごせたことに感謝し、食事会を楽しむとか。

日ごろお世話になった人へ、ありがとうの気持ちを伝えるのに、心ばかりの贈りものをするとか。

コーヒーでも飲みながら、交流を楽しむとか。

「この間はありがとうこれからもよろしくね」

これが食事でもいいし、お酒を飲みながらでもいい。

また、小さな旅をするのもいいし、自然や文化にふれながら、その付近のカフェで会話を楽しむのもいいです。

ありがとうで素敵な時間をシェアしよう

こういうことは、自らにも相手にも、良いエネルギーを充電する日になります。

周りにたくさん感謝していると、どんどん自分が幸せになります。

JAPANサンクスギビングデーは、あなたの運を好転させ、願いを叶える力となる特別な日となります。

室内の飾り付けは手づくりで

JAPANサンクスギビングデーには、風船で飾り付けをしてみましょう。市販されている風船を使って、少し手を加え、バルーンアートで飾り付けたり、メッセージカードをつけて、楽しみましょう。

家族や友人との関係を高め合う素敵な時間を

みんなでポットラックパーティー を

毎月22日のJAPANサンクスギビングデーに、ポットラックパーティーを通して日々の感謝を伝え、家族や友人との関係を高め合う、素敵な時間を楽しみませんか。きっと嬉しいことが起こります。

プレゼント交換でありがとうの気持ちを伝える

プレゼントを贈り合う

ありがとうの気持ちを伝えるのに、家族や友人たちと集まって、みんなでプレゼントを贈ったり、贈られたり、そこで生まれた会話や、人との結びつきを大事にする、そんなきっかけが生まれる大切な日です。

🔗 22days-gift.com

サンクスギビング掲示板

あなたのありがとうを書いてみよう

世の中すべて、感謝できることであふれています。

当たり前だけど、大切にしたいことば。ありがとうのことばで起きる、心の中の小さな動きの、一つひとつの積み重ねが、 あなたの心を豊かにしてくれる嬉しいことば、「ありがとう」。

🔗 ありがとうの掲示板

なぜ、22日なの?

なぜ、22日がJAPANサンクスギビングデーなのか

古くから、数字には意味があることが信じられてきました。

『22』の数字の意味は、エンジェルナンバーといわれており、人々の願いを、良い結果として現わす数字と言われています。

それは、新たな機会を現実にしてくれることに、素敵な願いがかなう意味があります。

そのような数字の意味から、皆様の幸せを願い毎月22日といたしました。

偉人の言葉

幸せに生きる上で、感謝する心は欠かせません。感謝は人の心を開き、運命を開きます。

偉人のことば。感謝する心について
  • 感謝の心が高まれば、高まるほどそれに正比例して、幸福感が高まっていく。

松下幸之助 パナソニック創業者


  • 我々が感じる不満のすべては、我々が持っているものに対して感謝の念を抱くことがないことから生じている。

デフォー イギリスの作家


  • 感謝する理由が見つからなければ、落ち度はあなた自身にある。

北米 ミンカス族の格言